腰痛・ヘルニア

腰痛の症状 おおえのき接骨院 品川院

ぎっくり腰・神経痛・足の腫れでお悩みの方へ

腰痛・ぎっくり腰はお任せください
腰痛・ぎっくり腰イメージ
腰は人の身体の中心部です。
腰を痛めると日常生活で何もする気にもなれず、支障が出始めます。

そんなツラい腰痛を、慢性化しないうちに治療しましょう。

急性腰痛(ぎっくり腰)

ぎっくり腰は重いものを無理に持つなどして、
腰の筋肉に強い負荷をかけることで発症します。

ぎっくり腰の治療は、痛みがヒドい場合ハイボルテージを仕様します。
痛みが和らいだところで、軽いストレッチなど少しずつ身体を動かしてもらいます。
固まった筋肉をほぐし、無痛での矯正を行っていきます。

治療期間の目安は、ぎっくり腰は筋肉の遷移や関節が炎症を起こしているので、1〜2週間かかります。

慢性腰痛

長年の腰痛は治療にも時間がかかります。
だからといって、放っておくと麻痺になってしまう可能性もありますので、早めの治療が大切です。
慢性腰痛の治療は、筋肉をほぐし矯正を行います。
週に何回などと決めて継続的に通っていただき事をおススメします。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、坐骨神経の圧迫・椎間板ヘルニアなどが原因で発症します。

放置して悪化すると足にちからが入らなかったり、感覚が麻痺するこがあります。
痛みの原因は、神経に接している骨が神経を圧迫していることにあります。
ゆっくりストレッチを行いながら、無痛矯正で背骨の関節の動きを良くして神経の圧迫を取ります。


神経の回復は1日1ミリと言われているので、長期的にじっくり治療することが大切です。
超音波機器

世界の腰痛治療技術

品川区 おおえのき接骨院 品川院 メールのお問い合わせ
scroll-to-top