《気をつけろ!》③ 〜◯◯は生命の維持装置〜

皆様、おはこんばんにちわ。

メリー倉スマス!

IMG_55531

倉本と二人でクリぼっちです。

 

どうも、クボりっちです。

 

忘年会、新年会シーズン

酒の場が増えてきて
ついつい飲んでしまい
気持ち悪くなり
ゲロゲロしてしまうことも
あるでしょう。

なかなかこの歳になると
そこまで飲む機会はないですが…

実はこのゲロッパは人間の生命を維持するための、
優れた生体反応だってしっていましたか?

川崎医療福祉大学・医療技術学部の古川直裕教授によると

「人間に備わる生理機序の中で、
生命を維持するための最も重要な仕組みの一つ」

だそうです。

 

主な6つの要因

1)腹部内臓刺激
 ・毒物、食中毒など…

2)血液を介するもの
 ・細菌、アルコール、妊娠のつわりなど…

3) 前庭感覚刺激
 ・乗り物酔い、メニエル症など…

4)嗅覚、味覚、視覚性入力によるもの
 ・刺激臭、嫌な味、光など…

5) 精神性入力によるもの
 ・感情の抑圧、強い不快感、恐怖、ストレスなど…

6)中枢神経の刺激によるもの
 ・脳圧の上昇、くも膜下出血など…

6つのタイプに分類される。
このうち酒が原因による嘔吐は(2

酒を飲み過ぎて嘔吐するのは、
“体が緊急事態だ!!”
というシグナルなので、
自然な生体反応に従って、吐けばいいのです。

ただ、指を使って吐くのはNG

吐くこと自体が生命維持機能なので
身体にものすごく負担がかかります。

胃酸で喉やられます。

 

どうしてもゲロッパしたいなら…

気分が悪い時に最も手っ取り早く吐く方法としては、

images-12

二つの工程を踏みましょう。

①少し息をこらえる

②臭いが強いものを嗅ぐ

以上

例えば、
香水や足の臭いなどの
においを嗅ぐことです。

最後に

吐きすぎて胃液しか出なくなったら
急性アルコール中毒の手前…かもしれないから
気をつけましょう!!

クリスマス・イブに
スマイリー倉本と2人だったので
汚い内容を医学的に投稿してみました。

良いクリスマスを!