《P=C》

皆様、おはこんばんにちわ。

 

auCMってすごい!

au

昔話だから子供が見ても単純に面白いし
白い犬が出ているCMよりも
メッセージ性がしっかりしているから大人が見ても面白い
おまけにCM中に歌いれてその歌が売れる

勉強になります!

どうも、一寸法師です。

 

1年ほど前の話…

大好きな先輩と三重から東京のとあるセミナーに参加しました。

行きは新幹線

帰りは新宿から三重まで行く夜行バス

 

セミナー終わりにお酒好きな2人は
居酒屋へ行きいろんな相談にのってもらい
短時間の割には結構飲みました。

時間になりバスが来て
トイレに行ってから乗り込みました。

出発

 

「〜次の休憩は1時間後です」

乗って10分後…
すでに尿意を感じている。
さっきトイレ寄ったのに。
そしてこのバスにはトイレがついていない。

バスの中はシーン…としていて
周りは寝るモード
尿意はさっきの倍になり
バスの振動でさえ恐怖を感じるほど

かつて、様々なピンチを乗り越えて来た…
しかし、今回が人生最大のピンチなのではないかと。

逆算し完全に数分後に限界がくると感じたボクは
一か八か立ち上がり運転手の元へ

ク「すいません、次のパーキングはどのくらいですか?」
運「20分後です。どうしました?」
ク「大変申し訳ないのですが、限界です。」
運「どうしてもまてないでs…」
ク「まてません!!!」

わがままの末、すぐ次のパーキングエリアに入ってくれました。

 

助かった。

結局なに?

漏らさずトイレ行けてよかったねの話ではありません。

 

ここ数年、最近のニュース
バス業界を揺るがす事故が続いています。

もしかしたら、
「クボの尿意が事故を回避していたかもしれない…」

 

なんてこともあり得るわけです。

今回の事故も…
誰かが声をかけていたら。

なんて思うときりがないです。

事故被害関係者の方々
深くご冥福をお祈りいたします。

P=C

格安バス業界のイメージとしては
最悪でピンチ。

でも、ピンチはチャンスで
業界を変えるタイミング
ビジネスチャンスになるかもしれないですね。

例えば、

夜行バスに限り
全国の夜行バスを定期的に運行管理する専門のシステム売る
これを導入しないと夜行バスを運行できないきまり

単純に安全保障の上で単価を上げるチャンス(格安からの脱却)

自動運転、運転補助機能
今の家庭用自動車に搭載されてきている機能を
バスにつける。
目的地、スケジュールが決まっているのだから。
バスにこそつけるべき。

あと、
「事故を起こしたのは業界歴◯◯年でベテランでした。」
確かに、一筋で経験値が高いのはすごいが
「長い=うまい、安全」というわけではない。

 

とかニュース見ながら思ってました。

 

今日は完全にカラダと関係ない!
あるとしたら尿意くらい。

そういう話でした。