〜患者様の声〜

皆様、おはこんばんにちわ。

 

事務作業を理由にブログ
サボりました。

images-3




どうも、クボです。


嬉しいお手紙いただきました

急性腰痛でこられた患者様

既往としてはすべり症と狭窄症がありましたが
一番最初に整形に行ったら今回は急性腰痛とのことで
当院にこられました。

症状が改善してきて
先日、手紙をくれました。

とりあえず思ったことを
まとめてみた!

とのことです。

IMG_5622

5年前に整形外科で腰部脊柱管狭窄症による
すべり症と診断され飲み薬と湿布薬、ブロック注射を
3回ほど受けましたが痛みが取れず痛みは増すし
20m歩くのがやっとの状態になり
杖からシルバーカーのお世話になるようになりました。
このまま歩けなくなったらどうしようと思っていた折に
ご近所の方に勧められ早速電話をしてお世話になっております。

足のしびれ、感覚が鈍くスリッパも履けない
歩行困難のため足がパンパンになっていましたが
「またフラダンスできるようにしていきましょう」
の先生の強く優しいお言葉に励まされ
自分でも治そうという力が湧いてきて
今では足のむくみはなくなり
足の指先を使ってのグーチョキパー
台所での立ち仕事も痛みがでなくなり
簡単にできるようになりました
それと共につま先立ちも10秒くらい
やれるようになりました。
靴がぶかぶかになりました。

間欠性跛行だったのですが
今はシルバーカーを押して
300mぐらい休まずに歩けるようになり
歩くのが楽しくなってきました。
先生の施術により少しずつ
良くなってきているような気がします。
週3回の割で通っています。

「コンニチワ」と迎えて
「気をつけて」と送ってくださる
明るい雰囲気の接骨院に出会えてよかったです。

私の夢は
シルバーカーを使わなくなること
フラダンスの舞台にもう一度立つことです
そのためにまだまだ通うつもりです。

単純に嬉しいです。
よくなってきてこのように言っていただいて。

 

そんなことよりも
私がなにより嬉しかったのが

「自分でも治そうという力が湧いてきて」
「歩くのが楽しくなってきました。」

患者様自身が諦めず
前向きになってくれたことです。
施術において
この感覚ってものすごく大切だと思います。

この前向きな気持ちが
ご本人の身体を良くしていってると言っても
過言ではないと思います。

 

この患者様は今日、
「杖記念日」と言いながら
シルバーカーから杖にして
こられました。

 

素晴らしい!

 

この調子ならフラいける!